不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

(私も含めて)ネット情報で頭でっかちになってませんか?

  • 2008年11月19日

例年より遅い紅葉ですが、箕面や京都などでは紅葉がちょうど見所といった感じですね。
紅葉情報をネットでお調べの方も多いと思います。もみじ

ネットのお陰で「情報」が容易にかつ大量に入手できるようになって久しいのですがビジネスでは意外な弊害も企業側には出てきているようです。

先日のテレビ番組で旅行会社の最大手『JTB』の社長がそうした問題の一面を語っておられましたが非常に興味のある内容でした。

旅行会社にとって今は旅行者の人数が激減していて、「受難の時期」らしいのですが、その中でも若者の海外旅行の人気の低下が著しいということです。(10年前の約半数とのことです。驚きですね)飛行機

これは「旅行」だけの問題ではなく、「若者の意識」が以前とは全く異なってきているということが最大の理由ではないかと言っておられました。

その原因としてネットが少なからず起因しているということです。どういうことかというと・・・

①今までは実際に足を運ばないと見れない物がネットで容易に見ることが出来るようになった

②今の若者は「変な満足感」を持っている

その結果・・・・

若いうちに旅行をしないと将来も旅行というものに対しての新たな意欲を持ってもらうことが難しくなるため、将来的な顧客の掘り起しが出来ていないという現状以上の危機を今は抱えてしまっているとのことです。

興味深かったのは理由の②でした。今の若者が実際に手に触れたり食べてみたりという実体験をしていないにもかかわらず「なんとなく行った感じになる、もしくはだいたいこんなもんだろう・・・」といった変な満足感で満たされてしまっているという見解をされていました。

不動産探しにおいてもどこか似ているなぁと感じました。ネットは便利なものの、情報収集ばかりをしてしまいがちで実は現地を見たことがないってお客様もおられます。

こういう方の場合に多いのが、写真や地図上からあくまで自分自身の「仮想体験」の中で勝手に物件を判断して結果を出してしまっているというケースが結構目立ちます。家

これではなかなか良い物件には巡り会うのは難しいですよね。見学(仮想ではなく実体験)をしないと何も得ることが出来ません。良い情報も悪い情報も、やはり見たり聞いたりするだけでは分かりません。

現地を見ることで今後お探しされる上でのヒントや参考になることがネットで見たり判断するよりも数倍も有益です。

こんなケースもあります。「ネット上で○○町が住みやすいと書いてあったがどう思われますか?」といった質問を頂くことがあります。

便利とか不便な地域といったことはお伝えできますが、○○町が住みやすいかどうかは、その方のライフスタイルにあっているかどうかです。

街並みや雰囲気などから住むのに合っているかどうかというのは「感性」で判断頂くことになりますので「情報」だけではなかなか判断することは出来ません。

こうしたご質問も何も悪気があって頂いているわけではありませんが、よくよく考えると情報に左右されてしまっているなぁ、ちょっと「頭でっかち症候群(そんなのありませんが)」になってしまっているのかなぁといった感じを私もいろいろなお客様とお会いするなかで感じさせられます。

情報をうまく使うことで、旅行も家探しも紅葉も効率よくより良い情報へと活用できることが必要ですね。こんなことを書いている私も情報には左右されがちですあせる

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ