不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

相場を知れば不動産購入は間違いなし?!

気に入った物件、気になる物件が見つかった時、どなたも最後は(最初から?!)やはり「お金(価格)」のことが最も気になるという方は多いと思います。

売主さんの立場からすれば「出きる限り今の売値で売れて欲しい」、買主さんの立場からすれば「出来るだけ安く購入したい」となります。

売り手と買い手の双方が合意した時点で取引が成り立つのですが、そうした取引価格の積み重ねが「相場」というものを形成しています。

相場というものは流通市場で自然形成されるものですから、売主さんや不動産会社、買主さんが独断で決められるものではありません。

では、気に入った物件があった時、その価格が適正かどうかを判断するにはどうしたらよいのでしょうか?

路線価を参考にする?地価公示?固定資産評価額・・・?

上記のどれも地域的な価格等を比較するには利用できますが、こうした公的な価格は「税金」の算出のための基準となっている価格として用いられています。

「実勢価格」ではないのです。

あくまで私の個人的な見解ですが、購入の可否はあくまで最後は自己判断になります。ただし、その前提としてお付き合いしている不動産会社の担当者が「価格」というものに対して「根拠」をもって適切なアドバイスができているかどうかが何よりも重要となります。

最近はネット等で不動産情報も用意に入手可能ですので、戸建てはともかくもマンションであれば買主様も相場というものをよくご存知の場合が多く見受けられます。

それと、マイホームを探していく中で物件を見て回るうちに自然と相場観が身についていくものです。

特定のマンションを希望されている買主の方からのお問い合わせ時には私よりマンションの価格についてよくご存知だという場合も当然ながらあります(汗)

「安く購入する」=「売主様が相場より安く売る」ということですから、まず自分が売主の立場であればそれはあり得ないと思いませんか?

急いで資産を処分しなければならないなど特別な事情がなければ相場より安く売るなんていうことは実際にありません。

それと「相場」というものは時価です。ということは、価格の変動があります。

それに同じエリアや類似している条件で物件が多く出ているときと少ないときとでは競争力に差が生じますので以前は1000万円だったマンションなのに今回は・・・ということも当然ながらあります。

マンションの成約価格を紹介してる不動産会社をネットで見かけました。(いくつかありますね。)

「相場(取引価格)を知って、悪徳な不動産会社の言うがままにならないように」みたいなことが書かれていましたが(笑)

相場や不動産の見方、選び方など知識を得ることは良いのですが、頭でっかちになってしまったり、価格ばかりを気にするとやはり良い買い物ができないというのも間違いなく言えると思います。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ