不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

昨日のテレビで。大卒大工♪

皆さん、テレビってどの程度見られますか?人によって見る番組の「傾向」「志向」「時間」があると思います。私の場合、ドキュメント番組や何らかの問題解決的な番組(それもドキュメントというかも知れませんが・・・)とお笑いが好きです。

「カンブリア宮殿」ってご存知ですか?番組ホームページ http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

いつも見ているわけではありませんが、企業のトップを招いてその企業が成功に至るまでのストーリーや現状から学べることなどをトップ自らが対談の中でざっくばらんに話す番組です。

昨日は「(株)平成建設」という会社の社長さんが登場されました。大卒の大工を育てている会社です。会社ホームページ http://www.heiseikensetu.co.jp/

「大卒の大工」

全くの「?」ですよね。「大卒の大工」って私は聞いたことがありません。大学を出て大工している・・・、あまりいないんじゃないでしょうか?存在すること自体も不思議ですが、今は大工さん自体が減り続けている現状の中で・・・です。

この番組は非常に考えさせられました。見終わった後は上記のように私みたいな固定概念を持ってしまう人がいるから大工が減ってしまったとも感じられます。

よくよく考えたら、大工という仕事は相当の年月をかけて技術を身につけるキャリア職です。だれもが出来るような仕事ではないのです。

今までの大工はといえば、封建的な世界にありがちな「仕事は見て盗め」みたいな世界といえます。

番組では大工がそういった気質をもっていたことと、ハウスメーカーの出現により工場で製造された資材を現場で組み立てるだけといった「大工が要らない世界」を作り出してしまったことで大工のものづくりへの気概や情熱が失われ、もちろん仕事も減ることで収入が減り弟子を育成できずに「大工減少」といった結果となってしまったと平成建設の社長は言っていました。

この番組を見た方は恐らく、大工が建てる家って良いなぁとか大工って仕事は面白い仕事なんだな、といったことを感じられたのではないでしょうか?

正直、私も今、大学を出る年齢でしたらこの会社で大工になるということを考えたかも・・・。(どうやら、相当、頭の方もいるみたいでしたので、ムリだとは思いましたが。なんせ、基礎工事をしていた社員さんは京都大学大学院卒でした・・・)

平成建設が育てた職人の技術の高さ、(企業努力の結果、ムダを省き)建築コストの削減はすべてが「お客様の(利益の)ために」という方向性を全員が向いている結果であり、大工という固定概念を崩した結果です。

なお、施工費用は相場の1割安ということでした。中卒、高卒ではなく大卒を採用する理由は?という質問を受けていましたが、大卒の方が一般教養がありその素養がモノづくりをはじめあらゆる仕事において求められるため、大卒を採用しているということでした。そういったものが備わっているなら学歴は関係ないとのことです。

「あなたにとって仕事とは?何ですか??」とか、それに近い部類のことを就職の面接なんかで聞かれたりしませんでしたか?

私は就職試験を2社しか受けなかったためどういった試験や面接がされているのかをあまり知らないのですが、当時、生意気だった私は「働いたことがないのでわかりません。今日はこの会社の仕事がどいういったものか、自分にあっているのか、楽しいのかを話をするために来ました。」みたいなことを言っていました。今の私が面接担当者なら即アウトです(笑)

私も仕事をはじめて10年目になるのですが、業種は違っても活躍をされていたり、非常に魅力を感じるといった「働いている人・デキる人」は仕事を楽しんでいるように思います。

「趣味」といってしまうと語弊がありますが、興味のあること、楽しいことの延長上にあるようなものをやっているだけのような気がします。

 

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ