不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

日本にお住まいの外国人の方にとっての住宅ローン

東京オリンピックオリンピック。も控え、外国人観光客を誘致するインバウンドなるコトバが新たに飛び交って久しいこともあり、日本の都市・地方には以前とは比較にならない数の外国人の方が観光に訪れて頂いているのは皆さんもご存知の通りだと思います。うんうん♪

で、一時滞在的な外国人の方ということに留まらず、やはり以前と比べると日本で働く外国人の方の数というのも驚くほど増えています。そうだね

厚生労働省の統計では昨年の10月時点での統計で昨年度よりも数にすると120,269人、増加率はとてつもない15.3%の増加upということですから尋常なく増えていますスゲー

日本で仕事をされている外国人の方の中には今後も日本で仕事を続けたい、住み続けたい、
そして「家を買いたい」という方も少なくないはずです。

弊社でも今年に入ってから外国人の方やすでに永住権をお持ちになられている方など
大きな部分も細かな部分も各自、少し立ち位置的な部分に違いはありますが、住宅を購入された方、ご相談を頂いた方、お探し中の方と以前に比べてその数は増えています。

外国から日本に来られ、たまたまそうしたご縁を頂いていることに不思議な感じを受けている一方でなんだか嬉しい限りで何とか最善の結果を残したいと思っています。

昨日のマイホーム相談会には中国中国のJ様ご夫妻でしたが、住宅を探す第一歩としては夢のない話ですが、住宅ローンの利用の可否を金融機関銀行に確認を取らせて頂いくことからの
スタートとさせて頂くこととなりました。ガンバル!

尚、余談ですがJ様はすでに中国には自宅マンションをご所有されておられるのですが、購入後、価格が高騰しており現在は購入時の倍近い価格(7,000万円程度)になっているとのことで、今、売却するよりももう少しの期間、保有していくとのことでした。

恐るべし中国の不動産バブルですshabon+.

永住権を持っていることが前提となることがほとんどの日本の金融機関の条件ではありますが、それだけでNGとはなりませんので、日本で家を購入して住み続けたいという外国の方、
お気軽にご相談ください。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ