不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

新年のご挨拶 ★ SNSと年賀状 ★

明けましておめでとうございます新年本年も引き続き宜しくお願い申し上げますよろしく

本日より弊社の営業が開始となりますが、ポストにはたくさんの年賀状が届いておりました。皆様、ありがとうございますありがとう

その年賀状ですが減少傾向ダウンが続いているようです。ピークの2003年から比べるとほぼ3分の2に落ち込んでいるということですが、3割弱減るというのはホントに凄い勢いで減っていると言えます。

極端な話、3人に1人が年賀状を全く書かなくなったことと同じですからスゴイその間に人口がそこまで減ったかと言うとそうではありませんから、やはりSNSブログ。facebookツイッターの普及、利用者の増加が主な原因であることは間違いありません。

そんな昨今の年賀状事情ですが、ポストにあった年賀状の中に今年はこんな年賀状を頂いてました。差出人を見たとき、「あれっ、誰だろう?!知らない人だなぁ」と思い、裏面を見てみると定型の印刷文以外に手書きでメッセージがありました。

そのメッセージには・・・「ブログをご覧いただきありがとうございます。ご面識はありませんでしたがこれをご縁にご挨拶にでも伺わせて頂けたらと思います」と書かれていました。

もう一度、表の差出人をよく見てみると業界は違うものの仕事的にはつながりのある他業種の方からです。今でもそうですが、SNSは情報を得る、拡散するといった点では非常に便利ですが、本当の意味での「繋がり」という点ではほぼ希薄だと思っています。

やはり、人間は生き物ですからリアルな出会い、付き合い、コミュニケーション、キザに言うと心が通わないと本当に意味のある出会いやその先の付き合い、仕事などの発生・派生もしにくいと思っています。

然しながら、今回、SNSから繋がる(繋げていただいた)年賀状とでも言うのでしょうか、デジタルからアナログへという流れは意外と受け手である私にとっては新鮮なものに映りました。

日々、ネットやメールの文字、文章に触れてばかりですが、内容はともかくそこには書き手の人となりや気持ちといったものまではなかなか受け手には伝わりにくいといった側面が少なからずあるかもしれません。

この年賀状も手書きでメッセージが添えられていることがデジタルにはない価値を備えており、勝手ながら文章や文体から「この人、几帳面だな」とか「この人、真面目だな」とか「この人、マメにセールスしてくるな」とか会ったことがなくとも勝手に相手を想像してしまいます。

デジタル化が進み、すぐそこにある近未来は人工知能(AI)が「効率化」を重視して追求してしまう側面が大いにあるかと思われますが、人のハートの部分がアナログだとすれば、そこも踏まえた研究開発による人工知能の発展を期待したいところです。

さて、年初から内容も薄く不動産にも関係のない話で申し訳ないのですが、結局、家探しはアナログ的に実地での見聞が必要です。

効率化を追求しても自分にとって良い家は絶対に見つけられません。今年も情報発信においては皆様にとっての「効率化」をよりいっそう、努めて参りますが、ご相談や内覧といった対面での営業においては付加価値を感じていただけるようにアナログ的に取り組むことでお客様の問題解決、提案を訴求して参ります。

結果、お客様にとっても弊社にとってもより良い一年にしていければなによりと思っております。では、本年も宜しくお願い申し上げます。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ