不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

据え置き融資

今日は知っておくと少しタメになるかもしれいないお話ですいえい先週末に吹田市のマンションマンションをご見学頂いたM原さんとの電話電話でのやり取りの中でした。どういったご相談かというと・・・

物件のご購入において「物件の購入時期」と「住宅ローン」との兼ね合いについてです。簡単に言うと、こういったケースが当てはまります。

探している中で良いかなぁと思われる物件が出てきたやったーものの今のお住まいの退去がさまざまな事情により今すぐ!とはいかないためにローンの返済と家賃の支払いが二重になってしまうといったケースなどの場合です。涙

その時にご紹介させていただいたのが「据え置き融資」です。ご存知でしたか?聞いたことがありますか?特別な融資制度や条件ではなくごくごくシンプルなものです。

どういったものかというと、上記のケースのように今の自宅の退去が今すぐではないものの、新居は購入しないといずれはなくなってしまうためにどうしても購入が先行となります。

M原さんの場合は今の賃貸の退去は退去の2ヶ月前の申し出ということです(ちょっとひどい家主さんですね)

ローンが実行された翌月からは住宅ローンの支払いが始まります。そこで・・・

「据え置き融資」の登場です。最大で一年間はローン返済を猶予できる制度のことです。これも簡単に言うと、全く支払わなくて良いということではなく利子分だけの支払いで済ますことができるというものです。すごい

これを利用すれば、良い物件が見つかったけど今すぐ購入しないといけないもののさまざまな事情でローンの支払いを一定期間猶予して欲しいという場合には非常に便利な制度といえますね。

私がよく利用していただくケースのひとつとしては「転勤」の方が多いです。

 

転勤がいずれかもうすぐ(予想される)かは分からないもののいずれは間違いないという転勤族の方にとっても、決まってから家を探すといっても時間的に難しい場合が多いため、皆さんだいたい余裕をもって早めに探しだされます。

ただ、良い物件が見つかっても今すぐローンの支払いが始まると少し不都合が生じてしまうということになります。そういうときにこの制度を利用して頂いたりしています。

意外と知られていない制度ですので、いろいろなケースで役立てることが可能かもしれません。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ