不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

希望条件登録(会員登録)をすると・・・

ネット上では公開できない物件も含めてご紹介が可能になります。公開できない理由としては「売主様が自宅を売りに出していることを周囲に知られたくない」という理由がほとんどでした。

でしたというのは以前はそれがほとんどだったからです。最近はどうかというと、残念なことに不動産会社の都合で掲載をしないケースが目立ちます。

売主様自体はネット上に掲載することをOKしている場合でも売却依頼を受けた業者が自社のところで買い手も見つけて両方から手数料を獲得したいということから自社以外のネット掲載を禁止している場合が増えています。

不動産会社にとっては都合が良いのですが、売主様からすれば販売の機会を損失してしまっているかもしれません。

不動産を売却する場合、媒介(仲介という意味)契約書を不動産会社と交わします。

「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があります。「一般媒介」は数社に売却の依頼が可能です。(価格や売却条件は同じです)「専任」がつくと依頼先は一社のみになります。

どちらがお得でしょうか?売主様サイドからすれば一般媒介になると思います。不動産会社からすると「専任」となるでしょう。

というのは、「専任」ならば自社でお客様がいなくても他の不動産会社がお客様を連れてきてくれさえすれば、売主様からの手数料はとりあえず確保されているからです。

売主様からの手数料が保証されている状況と保証されていない状況では不動産会社はどちらの方が営業を頑張ろうとする(頑張らざるを得ない)でしょうか?もちろん後者ですね。

私も大手に勤めていたから分かりますが、売却依頼を受けた物件をまずは折り込み広告、ポスト等への投げ込みチラシ、住宅情報誌等への掲載をして広告活動をします。

広告活動も経費がかかりますので、何回も同じ条件で広告をするわけにはいきません。そのうち、広告活動の内容(階数、枚数、やエリアなど)を説明して価格を下げる相談をすることになります。

問い合わせや案内がない場合には売り出し価格が高いケースが目立ちますので価格を下げること自体が問題だと入っているわけではありません。

不動産業は情報産業ですから、その売却物件情報が本当に売主様にとって有益な形で買い手市場に公開されているかどうかが問題だと思います。

弊社も含め全ての不動産会社は当然ながら営業会社ですから利益をあげなければいけませんが、売主様の利益を追求した上で事業を展開しなければならないのですが、ネット掲載を禁止しているといったケースだけを取り上げても疑問を感じてしまいます。

あくまで、売主様の大事な資産の売却を預からせて頂いているとすれば、閉鎖的な情報の公開の仕方にはならないと思われますが。

最後に専属専任媒介を取り交わされている売主様へ。

専属専任媒介は自己発見取引(買い手様をご自信で見つけた場合)などでも買い手を捜すことが出来なかった不動産会社に対して仲介手数料を支払う義務が生じます。買い手さん探しだけではなく、取引の安全、安心のための仲介責任を負いますのでそれだけではありませんが、何も「専属」ではなく、「専任」もしくは「一般」の方がメリットではないでしょうか?

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ