不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

割安だった?!タワーマンションの高層階の固定資産税について

  • 2016年11月14日

ご存知かと思いますが、不動産を所有しているときには税金がかかります。何という税金かご存知でしょうか?

そうです。「固定資産税」です。

この固定資産税は市町村税のため役所の固定資産税課から納税通知書が手元に届き、一括もしくは分割で納付が可能となっています。

固定資産税の額についてはご所有の土地、建物の評価によって異なります。例外としては同一のマンションにおいては専有面積の広さが同じであれば税額が同じとなっています。

が、これもタワーマンション等が増えたこともあり、同じマンション内でも高層階ほど実際の取引額が高い(資産価値が高い)ことからこれからは同じ広さでも階数によって税額を高くするということが先日、決定しています。

ということは今まではタワーマンションマンション高層階のお部屋の固定資産税額は割安低層階のお部屋の固定資産税額は割高だったと言えるかもしれません。

すでに今までに販売、引渡しがされているものは対象とはならず、

①階数が20階建て以上のマンション

②2018年以降に引き渡されるもの

ということが条件となっています。

そりゃ、そうですよね。今までに買った方からすると「そんな話、聞いていない」ということで不満・批判が出ますので。

本当は固定資産評価額について書くつもりが書いているうちになぜか税額の話、それもタワーマンションの税制の変更の話になってしまいましたので次回は固定資産評価額について書いていきます。

それにしもて「資産」を所有すると税金がかかるというのもなんだか納得できない部分が個人的にはおおいにあります。

所得税、住民税ということであれば納得できますが・・・。

 

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ