不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

初めての・・・

先日のブログでも書きましたが、引き続き最近も値下げする物件が目立ちます。マイホームをお探しの方にとっては「もっと値下がりして欲しい♪」と願っておられる方も当然ながら多いのではないでしょうか?

金利も上がる要素が今のところありませんので、購入するには良い時期というのは間違いないですね。ただし、政府もいつまでも手をこまねいてこの状況を見続けているというわけではないでしょうから、景気にテコ入れを本格的に始めて、少し景気が好転しだすとと値下げ物件の数も減り、価格交渉が出来にくい状況へと移ります。もちろん、金利も上昇するでしょう(泣)

「あの時に購入しておけば・・・的な状況」が次のステージとなりそうです。でも、その時期がいつなのか・・・というのは誰にもわからないのですが。ところで、今日のブログのタイトル「初めての・・・」ですが、何だと思いますか?

少し前になりますが、それは1通のメールでした。差出人はある物件の売主様からです。この、物件は当社では売却の依頼を受けておらず、3社ほどの不動産会社にその売主様が依頼をされて、売却中という物件でした。で、そのメールの内容というのがこんな内容でした。

————————————————

御社のWEB上の広告欄には、
「価格変更 ○○○万円→△△△万円→★★★万円→×××万円」
と表示されていますが、
これでは都合が悪いので、
最初と最後の価格は表示しても結構ですが、
途中の価格は表示されないようお願い致します。

————————————————

その物件のオーナー様の依頼ですので、当然、承知しました。その売主様には「当社としては価格の推移を表示することに特に他意はなく、探されている方の参考になるようにと価格の推移を表示している」とお伝えさせて頂きました。

やはり徐々に値段を下げているということは、売主様からするとあまり好ましい情報ではないのかもしれませんね。

ただ、こういう値下げの仕方は最も損をしてしまう可能性が高い売り方だともいえます。徐々に下げていくということで、検討されている方からすれば「まだ下がるのでは?」と待たれてしまうからです。

不動産は条件と価格のバランスが取れていて、適切に情報発信がされていれば必ず購入者が見つかります。だからどんな条件の物件でも売れない物件は不動産の場合、ゼロだと思っています。

はじめはどの売主様も「希望の金額(価格)」というものをお持ちだと思います。だから、当初は希望価格での売り出しで良いと思います。

でも、しばらくしても「問い合わせや実際の見学がない」といった場合には、「売れる価格(もしくは問い合わせがくる程度の価格)」に一気に下げてしまい、価格交渉はNGということのほうが得策です。

それと、一番最初に申し込みをしてくれる購入見込み客が最も購入条件の良いお客様であることがほとんどです。

それ以降に手を挙げる購入希望の方は、価格がネックになっていることがほとんどのため、価格面で自分の希望額になることを待っているのです。

いつも購入者サイドに立ったブログの内容が多いと思いますので今回は少し売主サイドとして売却の進め方について書いてみました。

お金のことは大事だけれども、損得ばかりでは良い買い物は出来ません。「タイミング」よく売却、購入できるかどうかが非常に重要ですね。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ