不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

分かっているようで実はわかっていないこと

夜になるとまだまだ風は冷たいのですが、日中はホントに暑いですね太陽しばらく天候が不良でしたが、本日は快晴!とまではいかないにしても束の間の晴れということもあり、いくつかの物件を現地で確認するとともに写真やムービーを撮影することができました。

さて、話は変わりますが、「あの頃はわからなかったけど、今ではわかる」といった物事って誰もが多くを経験していると思います。

賢い方は最初から知っていたり、わかっているということも多いのかもしれませんが、私のような凡人は「経験」や「教えてもらう」ということを通じて「理解する」『知り得る」ということの方が多いと言えます。

今日は私の大事なお客様から弊社のHP上に記載している文言についてご意見を頂きました。

その「文言」は私が独立して事業を今日まで続けてきたこの8年間、ずっと変わらずに掲載していた一文です。当然ながら私は「正しい」と思っていたから記載をして、掲載をし続けていたわけです。

然しながら、お客様(H様)からは「この部分は載せない方がいいですね」とのご指摘を頂いたのです。

ここで、H様からご指摘を頂いた「掲載することの必要性がない理由」についての詳細は述べませんが、こうした指摘そのものは当然ながら、H様からすると「言っても言わなくても良いこと」のはずです。

それにもかかわらず指摘を頂けるというのは非常にありがたいことです。

ただ、今回、私にとって重要だったことはその文言の記載の必要性という表面的なことではなく、、その文言が「正しい」と認識していたことが問題だったことです。

(H様からすると)「文言は当然ながら不要ですが、これを記載しているということの「意味」が浜口さんは分かっていないんだな」ということです。

ちょっと、ここまでの内容が曖昧すぎるので、読まれている方は何が問題でどういう意味だったのか?と思われるかもしれませんが、要するに私の中では「まだまだ世間知らず、まだまだ人の心理がわかっていない」というポイントを指摘頂いたようなものでした。

若いころ年配の方のいうことが理解できないっていうこと、誰もが経験があると思います。
でも、社会に出ていろいろとそれなりに経験していくと世の中がわかってきたり、昔はわからなかったことも何となく今ではわかってくるということも多いすよね。

H様に指摘を頂いた箇所はたった数文字の一文です。が、それが何を意味して、どういう結果をもたらすかを(私が記載している理由は正論かもしれないけれど)私が分かっていないということが問題であって、「まだまだ世の中わかっていないね」とH様には間接的に教えて頂いたようなものだったのです。

やはり、人は自助努力で大きくなるというのはたかが知れているのだと思います。※私のような凡人はです。
こうして「本当のこと」を言ってくれる方には大事にしていただいて、自分自身も成長をしていき、出来るのであれば、別のカタチでそうした方にも恩返しできれば最高のお付き合いが出来るのだと思います。
まぁ、久しぶりにブログを書いたにもかかわらず長くて、内容がよくわからんという声も聞こえてきそうですが、今日は思ったことをそのまま書き綴ってしまいました。次回からまた、不動産関係中心のブログに戻りますのでまた、宜しくお願いします。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ