不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

値下げ物件に思う不動産の購入判断基準のひとつ

日々、物件情報のメンテナンスノートパソコンを行う中で新規の物件以外に値下げとなる物件がいくつかあります。50万円の値下げダウンもあれば1,000万円以上もの値下げダウンダウンをしている物件までありますすげー

基本的に買ってくれる方がいないと売れないわけですから、極論ですが売出価格そのものは売主が決められるわけですが、最終的な価格決定権は「買い手」にあると言えますYES

問い合わせや見学等の引き合いがない状況下では頃合いをみて値下げをするということは当然の流れです。

最も難しいと思われるのは値下げ物件の中には「これならすぐに売れるだろう」と思われる物件でもその後、意外と売れずに残っている状況というのも多々、目の当たりにします。
従って「相場」や「市場動向」というのは非常に判断がムズカシイものだと言えます。

さて、値下げの中でもこれは大きく損をしているなぁと個人的に思う物件があります。それは・・・

「築5年以内のマンション」です。

新築時には結構、『いい値段』をしている物件に多いのですが、いったん中古となってからでは『いい値段」で売れていないというのが目立ちます。

マンションそのものの性質上でも、角部屋や最上階やルーフバルコニーがあるといった他の部屋との違いは多少あっても、戸建てと比較すると立地、間取り、建物そのもののオリジナル性といった部分においてあまり個性的でない=他と差別化できにくいという特徴も競争力という点では少しマイナスな部分もあるかと思われます。

話はそれますが、だから、割安感・手ごろ感のある中古マンションをリノベーションして「快適な空間・理想な空間」に住まうことが人気がある理由とも言えそうです。

売り手からすると「新築時、人気もあったし、それなりの価格だったし、まだ2年しか経っていないしある程度の価格で売れるだろう」と思うのは当然と思います。

ただ、買い手からすると「新築」と「中古」ということになると築年数が浅くても「築2年でも中古はあくまで中古」「その価格だとほとんど新築と変わらない」ということが、多々、見受けられ購入まで至らないというケースも少なくありません。

何も「新築を購入すると損」ということを言いたいのではありません。

新しいものもいずれは経年していきます。経年する過程の中で「価格が下がること」は
現在の日本の不動産流通や不動産の価値判断基準においては避けられないことなのですが、「下落率が低い」と判断できる物件を「ライフスタイル」と掛け合わせて物件の購入を判断することが失敗しないマイホーム購入のポイントのひとつであると思います。

「資産価値」といったハード面と「ライフスタイル(生活の質)」といったソフト面のバランスが取れていれば何らかの事情や状況の変化で「売却」をしなければならなくなった場合でも「損失は少なくてすむ」と言えます。

意外にも購入をされる際に「将来の売却」「将来的な価値」というものを判断材料に考慮せず購入してしまっているケースが「売却の相談」をさせて頂く際には多いように思われます。

ただ、資産価値を考慮しなくてよいケースであれば先述のライフスタイル等のソフト面を追求してしまうに尽きます。

最後まで住まう「終の棲家」として購入される場合には自身の自己満足を高めるわがままな条件や購入の仕方でもまったく問題はありません。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ