不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

個人間売買に金利にサッカーに

今週は雨雨雨とず~っとお天気が悪いですね。まぁ、今まで全くと言って雨も降っていなかったのでこの時期梅雨としては当然かもしれませんが。

でも、明日は少しお天気太陽が回復しそうです。午前、午後とそれぞれご案内ホームのお約束を
頂いていますので良かったです いえい

タイトルの順番とは逆ですが、昨日のサッカーサッカーボール惜しかったですね残念ながら勝てたのかもしれない・・・という思いもありますが、サッカーがプロ化されてまだ20年ですから、ある意味、日本におけるサッカーのレベルは急速に発展してきたと思います。20年前も恐らく10年前でさえもイタリアイタリアとまともに試合が出来るなんていうことは考えられなかったはずですから。

さて、目まぐるしいサッカーのレベルの上昇上昇と同じく、今月度の住宅ローン金利もめまぐるしい変化がありましたね。

先月まではほとんどの方が「変動金利」を利用、検討されていたはずです。

ところが、今月はメガバンクの固定金利のある商品が際立って選択されていると思われます。

もう、ご存知ですよね?

三井住友、みずほ、三菱東京UFJ各行共に金利は同じです。3年固定0.6%、期間終了後も1.6%優遇しますという商品です。同じ金利、優遇幅ですが、それぞれに制限というか利用できる際の条件異なりますので少し注意が必要です。

① 三井住友銀行は来月、7月末までの実行分に限りです。ということは、今、すでに購入物件が決まりそう、決まっている方のみと言えそうです。あまり、時間的余裕はないですね涙

② みずほ銀行は7月末までの「申し込み分」に限るということです。①よりは申し込みまで至れば良く、「ローンの実行」まで求められてはいませんので少し時間的には余裕が得られますにこ

③ 三菱東京UFJ銀行は①②より非常に余裕があります。9月末日までの「ローン実行分」までが適用となっていますau

とはいっても、リフォーム費用もローンを利用したいという方の場合や疾病保険を含めて総合的に判断をしたいという方の場合などは③の三菱用k等UFJが最も良い選択肢となり得ないケースもあり得ますのでやはり「金利」だけではなく、総合的に判断して頂く必要がありそうです。

弊社では、同じ価格の家を購入するのに無駄な金利(金融機関さん、すいません)や知らないばかりにベターな商品選択ではなかったということがないようにお家探しはもちろんですが、住宅ローン商品の選び方も随時、ご提案させて頂いております。

さて、最後はお礼ですが、池田市の司法書士の先生からのご紹介で通常の営業エリアではない泉大津市の不動産を個人間売買というカタチでお取り引きさせて頂きました。

売主のS様は決済のために、現お住まいの岡山からご足労を頂きましてありがとうございました。買主のT様、マイホームご購入おめでとうございますクラッカー右から

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ