不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

価格は交渉できますか?

GW明けの7日(木)から立て続けにご案内やご来店があいついでしまい、ブログの更新が出来ませんでした汗今日は定休日ですが、まだまだ山積みの仕事を少しでも消化できるようにと頑張っていますガンバル!

週末にはご契約と私の経験上最大の一日5件のご案内、昨日も夜8時までご案内をさせていただけるなど、まだまだ多忙な日々が続いています。これは非常に多くの熱心なお客様に当社をご利用いただいている表れだと思いますので本当にありがとうございますありがと

『良い物件が見つかった♪』家すぐご希望の物件が見つかった方も、長い間お探しされて来た方も次に頭の中に浮かぶ最大の関心事ってなんでしょうか?

『もう少し安くならないかな?』

やはり最大の関心はYenという方も多いと思います。私だって購入者の立場であれば同じです笑い特にここは大阪ですから・・・(笑)

でも、「全ての物件が交渉が可能」ということではありません。時々、無茶な価格での交渉をご依頼いただくことがありますが、安く買いたいという当然ながらのお気持ちの表れだと思われますので、そういう場合には適正な価格や条件面をご説明させて頂き、ご依頼を頂く交渉価格について改めて検討をお願いしています。

また、『いくらくらい交渉が可能ですか?聞いてもらえませんか?』というご質問も頂きます。

売主様と買主様は利害関係が一致しませんので、どちらも出来れば今の売り出し価格で売りたい、出来れば今の価格より安く買いたいと思われているはずです。

このような場合、いくらなら売ります、買いますという問題は購入者から○○万円なら購入しますということをはじめ購入の諸条件を記載した申し込み書を売主様にご提示いただくことで交渉が始まります。

申込書が提出され、結果が出るまでは「商談中」となります。いったん、商談中となるとどのような状況になるかはご存知でしょうか?

その物件のご紹介やご見学がストップとなります。これは売主様にとっては売却の機会をロスしてしまっている可能性も出てくると思います。

こうしたことから、とりあえずの申し込みというのはお互いにとってよくいことではありませんので、この条件が通れば購入は間違いありませんというご判断の上でお申込書を提示させて頂くようにしております。

もちろん、申し込みを提示させて頂いた私の立場は買主様の代理人でもありますので、出来る限り交渉結果を買主様にメリットのあるカタチで出すというのが責任となります。

気になる物件があるけれども少し価格が・・・という方も多いのではないでしょうか?どのようにお考えでしょうか?

値段が下がるのを待たれますか?待っていても下がるかどうか分かりませんね。仮に下がったところで思うような価格まで下がるということも全く分かりませんね。そうこうしている内に物件が他の人で決まってしまいなくなってしまったというと非常に後悔されると思います。

実際に、そうした経験がある方も意外と多いはずです。この物件なら○○万円くらいなら買いたい!というラインがあるかと思いますので交渉のご相談、ご依頼にかんしてはまずはお気軽にお問い合せ下さい。

ただ、何よりも重要なのは価格ではなく自分にとって、家族にとって、本当に良い物件なのかどうかということに尽きると思います。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ