不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

何かあるんです♪

8月ももう少しで終わりですねサマーやしの木夏季休業前とその後もたくさんのお客様にお問い合わせや
ご見学家**を頂きまして忙しく仕事をさせて頂けており本当にありがたく思っております♪
さらに、週末はご見学のご依頼が重なってしまいがちなのですが、平日にご見学を頂けるお客様が多く非常に助かっておりますありがとうその一方でブログの更新がなかなか出来ずに申し訳ございませんでしたスミマセン

さて、当社では多数の物件情報を掲載しておりますが、その中でもお探しのお客様からお問い合わせやご興味をお持ち頂くことが多い「物件の条件」というのがあります。

どのような条件の物件だと思われますか?答えは意外と簡単で・・・「(相場より)安い物件」です音符

不動産は時価ですから「相場」というのも曖昧な物差しではありますが、やはり安く感じられることで悪い気がする方はいないと思われます。

でも、こうした物件には必ず理由があります。安いから悪いということではなく、安いからにはそれなりの理由や根拠があるということです。だからその「理由」や「原因」を私たちも的確にお伝えでき、お客様もご理解を頂いた上で検討して購入されるということであれば
良いお買い物に成り得ます。

尚、ここで言う「理由」は自殺をはじめとした事件や事故という類のものではありません。そうした物件は「瑕疵(欠陥)物件」という部類になりますし、極端に安くなります。

売主が周囲の物件と比較して自分の不動産を安く売りに出すということは考えられませんので、「良いものを安く購入」というのは基本的には難しいというよりもムリなことです。
そのため、相場相応で価格が設定されていて条件がそれに見合う物件というのが結果として「良い物件」ということになります。

不動産探しはいっけん難しいように感じられたり思われている方も多いと思われますが、基本的には非常にシンプルで「価格と条件」のバランスを検討して、ひとつひとつを比較しながら消去法で探していくと3ヶ月間もあればひとつふたつは具体的に購入を検討しようと思える物件に出あう確率が高くなると思います。

情報そのものは今や自宅をはじめどこでも入手できる時代ですから、物件情報の提供というよりも住宅購入におけるプロセスの中でいかに購入者の方にとって有益な情報を提供できる(お役にたてることができる)かどうかというソフト面が不動産会社にとっては非常に重要な仕事になってきていると思います。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ