不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

住居はそこに住まう人を映し出す

5年前、T様には吹田市にて一戸建てをご購入頂きました。今回、そのT様に不動産投資として一戸建て家をご購入頂きました。

今回の物件、売主様はいろいろなご事情から自宅を債務整理のために手放さなければならないということもあり、正直、家の中は決して程度が良いとは言い難いものとなっていました。汗2

破産手続きの弁護士が代理人となり取引そのものは完了したのですが、その後、T様としては大がかりな修繕が待っていました。

リフォーム工事安全第一を進められる経緯の中で、T様から次のようなメールメールを頂きました。

==============================================================
(冒頭の挨拶等は割愛と注釈を追記させて頂いております)

是非一度中をご覧になっていただきたいものです。壁や床を業者さんが完璧に仕上げてくれたので、追加の作業も楽しんで出来ました(大変でしたけどね)。

今回の物件は、ご一緒に最初に見た時には何の魅力も感じませんでした。妻への報告も「建物には価値が無いけど立地は魅力的」という感じでした。一生懸命手作りの地図などを作成したのも、この物件は立地しかアピール出来ないと思ったからでした。

しかし、今は違います。いい家になりました。建物も十分魅力があります。

思うんですが、現在住んでる家は、●●の物件より築年数で言えば古いですが、非常に魅力があります。本当にいい家です。

もちろん広さや間取りが全く違うので比較は無茶だと言われるでしょうが、△△の家(現自宅)の魅力はそんな表面的な事では無い気がします。

△△の家と●●の家の最大の違いは前所有者の家に対する愛情の違いではないかと思うのです。

ご存知のように今の家の前所有者さんは、家に対して非常に愛情とこだわりを注いでおられました。

●●の物件にはそれが全く感じられなかったのです。作業をすればするほどその思いは強くなり、家がかわいそう、かわいそうと何度思ったかしれません。

もう住めないと感じていたから管理がずさんになったのか、はたまた自分の大事な住むところも管理出来ない生活をしてたから手放さないといけない事態になったのか。きつい言い草ではありますが、私は後者だと思うのです。

家はただの建造物では無く、生活空間、大げさに言えば、家族の人生の舞台だと思うんです。

そこを大事にしないで、いい芝居は出来ないですよね。家族仲良く暮らせないですよね。すごく極論ではありますが、手入れをしながらそんな風に思っていました。

家が変化していく過程で、何度か子供を連れて行ったのですが、写真の通りの一応の完成形になった時に5歳の子供が「この家だんだん好きになってきた」と、言いました。

そうだろう、父も同じ事を考えているよ、と心の中でつぶやきました。

最初は絶対に住みたくないと思っていましたが、今では住んでもいい、住んでみたいと思うようになりました。自信をもって人様に貸し出せます。

今の家も大事にしていこうとあらためて思いました。以上、今回の物件を手掛けた感想でした。

後は入居者さんが決まるのを祈るばかりです。自己満足では意味無いですもんね(笑)

==============================================================

息子さんの「この家だんだん好きになってきた」という一言に
全てが具現化されているような印象を受けました。

いつもとは違う観点から住宅というものに触れた内容だった印象を受けましたので
T様の承諾を頂き掲載させて頂きました。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ