不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

住宅ローン金利

表題のローン金利の件、昨日のニュースでも流れており、新聞でも掲載が多々なされていましたのでご存知の方も多いかと思います。

報道のとおり「過去最低水準金利を更新」とのことです。

消費税増税前の駆け込み需要の装丁も銀行が低水準設定をする後押しとなっている要因ということですが、新築を購入あるいは新築予定である以外の中古物件を購入される方にとっては「消費税の増税」は全く関係がないですね。

なぜ?ご存知の方も多いことですが個人の方が売主であることがほとんどの中古物件は消費税は非課税であるためです。

でも、どういう要因であるにしても金利が低利であることは同じ額のお金を借りるにしても良いニュースには違いありませんいえい

ローン商品はメガバンク+りそな銀行においては金利では差別化が出来にくい状態ですので各金融機関は「疾病保障付」などプラスαの付加価値でローン商品の差別化を図っています。

そう言えば、経済対策に盛り込むべくものとして政府は「個人情報売買を解禁」するようですね。世の中、情報が溢れる一方で、取捨選択を自分自身で判断してプラスに活かしていかなければ情報も活用できない、利益も生みにくい時代にますますなっていきそうです。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ