不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

住宅ローン控除における住民税の還付♪

【対象者】

今日はちょっとまじめなお話になりますが・・・。年末調整で還付額が少ないのでは?と感じた方もおられると思います。そう感じた方は「返済期間10年以上のローンを借りて住宅を購入し、平成11年から18年までに入居した方」のはずです。

【所得税では控除しきれていない?】

平成19年度は国から地方への税源譲渡がありました。これにより住民税は上がりましたが、所得税が下がり、課税される所得金額が18年分と19年分で変わらない場合、負担が変わらないように調整されています。

しかし、18年分まで所得税の住宅ローン控除を受けていた方は所得税が下がったことで住宅ローン控除額が所得税より大きくなり、所得税から控除しきれなくなります。

そのため、平成11年から18年までに入居した方に対しては、所得税から控除しきれない額を平成20年から28年度の住民税から控除できる制度が新設されました。

※平成19年度以降の入居者については、控除期間の選択(10年間/15年間)で対応していきますので安心して下さい。

【どうしたら控除できるのか】

でも、控除を受けるためには「毎年市役所に申告が必要」です。※確定申告される方は税務署でOKです。

【住民税での控除対象者かどうか】

では、住民税で住宅ローン控除を受けられる対象かどうかの判断はどのようにするのか?

まずH19年の源泉徴収票の「源泉徴収税額」が0円になっているかどうか。そして、「住宅借入金等特別控除の額」と「住宅借入金特別控除可能額」に金額の記載がある場合は、申告すると住民税の住宅ローン控除を受けることができます。

【申告方法】

最後に申告に必要なものですが、

①住宅借入金特別税額控除申告書(各役所のHPにて入手が可能です)

吹田市 http://www.city.suita.osaka.jp/kobo/shiminzei/page/012253.shtml

豊中市 http://www.city.toyonaka.osaka.jp/toyonaka/seisaku/joho/shinseisyo/0712006.htm

箕面市 http://www2.city.minoh.osaka.jp/ZEIMU/shiminzeikoukai/shiminzei320nendo.html#download

池田市 http://www.city.ikeda.osaka.jp/news/071228/  ←わかりやすく説明しています♪

②19年の源泉徴収票(原本)

上記の2つを市役所に提出で完了です。

自己申告制のため、周囲の方で該当していそうな方には教えてあげた方がよいと思います。無駄な税金はまったく払う必要がありませんので。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ