不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

住宅ローンの諸費用「保証料」について

季節の変わり目だからでしょうか?!巷では風邪マスクマン。が流行っているようです。と言いつつ、私も植田も風邪をひいてしまいちょっとしんどい状態が続いています風邪ひき

さて、今回は住宅ローンの諸費用の中で「保証料」についてお話させて頂きます。

そもそも皆さんは「保証料」ってご存知でしょうか?どこかで聞いたり目にしたことはありますか?それに何を「保証」するのでしょうか?

簡単に説明をしてしまうと、お金お金を借りる際に保証人を用意する必要ってあったりしますよね?それが、住宅ローンの場合は保証会社に「保証料」を払うことで保証会社会社が銀行銀行に対して保証人となってくれるということになっています。

そのため、万一、住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合には保証会社が銀行に債務者に代わってローンの返済を行ってくれます。「行ってくれる」というと助けてもらえるようですが、当然、そういうことではなく債務者は保証会社に対して債務の返済を引き続き行う必要があります残念

ところが、この「保証料」、結構、大きな金額壱万円 一万円 札 金が必要なんです。金額は住宅ローンの借入額と返済期間によって異なります。

保証料そのものも金融機関(保証会社)によって若干、差がありますが、仮に住宅ローンのお借入額が3,000万円、返済期間が35年とするといくらくらいの「保証料」が必要になると思われますか?

答えは・・・約62万円です。

「な~んだ、そんなに大きくない額じゃないか」という方は結構ですが、私は大きな金額だと思っています。
これ以外にも住宅購入に際しては「登記費用」「仲介手数料」「火災保険」「不動産取得税」「印紙代」など経費が結構、掛かるわけですし。

さて、そんな高額な「保証料」ですが、「払う」「払わない」は選択できます。でも、払わない場合は、住宅ローンの適用金利が払う場合よりも0.2~0.3%上乗せとなります。

これも「な~んだ、0.2%程度上がるくらいなら、払わない方がいいだろう」って思われる方がおられるかもしれませんが、借入額と返済期間における0.2~0.3%の利子額と保証料額を比較すると払っておいた方が得であることがほとんどです。

また、住宅ローンの審査の点においても「保証料」を払っておくほうが、審査上、問題なく取り上げられるはずです。

今回は諸経費の中でも住宅ローンの諸費用という普段、触れられることが少ない部分について簡単ですがご紹介をさせて頂きました。少しでもご参考にしていただけましたでしょうか?

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ