不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

リノベーション、マンションの音の問題

久し振りのブログの更新となりましたえへへ…今年も多くの方からたくさん「ありがとう」笑いと言って頂けるような営業を展開していきたいと思っております。

新年明けてからはありがたいことに週末以外にも平日のご案内や当社で行っているマイホーム相談会へのご参加を頂き、ドタバタドタバタしているうちに時間が経過してしまってなかなかブログも落ち着いて書けなかったというのが実際のところです。

さて、この週末は中古マンションを購入してリノベーション工事中を検討されているT石様に3年前に弊社より緑地公園駅エリアのマンションをご購入頂いてリノベーションをされたY下様のお宅にお伺いをさせて頂きました。

なぜ、Y下様のお宅マンションであったかというと・・・

①T石様に先日、そのマンションの売り物件をご見学頂いており、少しご興味をお持ち頂いている

②リノベーションにかける費用ドルがほぼ同等

③T石様とY下様のご年齢が同年代

④T石様が先日、リノベーション会社に伺った際にモデルルームがあまり参考にならなかったとお聞きしており、雰囲気だけではなく実際の生活の場としてのリノベーションによる住まいの見学はご参考にして頂けるのではないだろうか?

といった事情・状況からです。

何よりも見学&相談の場を快諾頂きましたY下様、ありがとうございました!見学を通してT石様も私も感じたり参考になったことは、まず、自分たちが家(空間)に何を求めているのか?という当然のテーマをより明確に持つことの重要性だったように思われます。

Y下様の場合は一般的なリノベーションのように室内の壁材や間取りの面も工夫がなされていますが、「広い浴室、浴槽」や「ダブルボウルの洗面所」、「広いキッチン」と設備まわりを重視した企画・設計になっていました。

家探しも家造りも「自分たちにとって快適に過ごせる住まいとは?」を探していく、っていく作業と言い替えれますので工事会社・設計会社頼みではなくまず、自分たちで考えるということを楽しみながら実現していくことが失敗しないリノベーション、住宅購入につながるのではないでしょうか。

また、昨日、弊社の植田がご案内をさせて頂きましたT井様と本日、私がご案内をさせて頂いたM様はお探しの条件に共通事項があります。それは・・・、マンションにお住まいの方ならば気になる「下の階への音」というものです。

T井様もM様もまだ小さなお子様がおられるためマンションを購入される際には音の心配のない1階のお部屋をご希望されておられます。

マンションは管理規約等でリフォームの際のフローリングは遮音性を備えるように一定の基準以上のものを用いるように規定があることがほとんどですが、その規定以上のものを使用してもやはり元気いっぱいな子供が出す生活音は払拭できないためこの点に悩まれている方も少なくありません。

ただ、見方を変えると1階ならではで「お庭」や「テラス」があるなど意外と利用できる共用部分というものが備わっているお部屋も多々あります。小さなお子さんであればなお、夏場のプール?にも利用できるスペースになり得ます。

とは言っても、希望のエリア、希望の広さ、間取り、金額など諸条件があるなかで1階のお部屋となると実際には次々に物件が出てくるということは残念ながらあまり期待が出来ないのですが、植田も私もT井様、M様には最後に「ありがとう」と言って頂けるように頑張って参りますので引き続きお願いします。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ