不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

マイホームの探し方

本題に入る前に・・・今週は非常に仕事がハードでして、ホームページの更新が遅れがちでした。また天気も不良な日が多いこともあり新規物件の写真の掲載数が少ないといった感じでいつもホームページをご覧頂いております方には十分な情報が発信できずに申し訳ございませんでした。週末で多忙さも一段落いたしますので来週からまた楽しみにしていてください。

さて、本題ですが。。。どうしたら時間をかけずに効率よく良い物件を見つけることが出来るのでしょうか?今回は私なりの「家の探し方」について書いてみます。

まず、私はお家探しの方向性(希望条件)がまだはっきりしていない方にもご紹介の物件をまずはご見学いただくように勧めています。

いきなり、「この物件が気に入りました!」というケースもありますが、非常に稀です。この段階では売主様には申し訳ないのですが、お客様のライフスタイルやどういった「感じ」の物件がご希望なのかを認識できるようなご見学となるように努めています。

私が住むわけではないので、あくまでお客様が希望されている物件の「感じ」を私も同じように認識、共感出来ていないとお客様ではなく、私が良いと思う物件を今後も紹介してしまうといった意味の無い営業をしてしまい兼ねません。

それに、実際に見てみないと良い物件か悪い物件か分からないですし、何よりも、その後、お探し頂く上で「参考になること」や「検討材料」といった「貴重な情報」を必ず得ていただけるからです。

良い物件は当然ながら検討していただくことにになりますが、気に入らない物件の場合ほど今後の参考になることが得られるものはありません。だから、よくない物件でも見ておかないと良い家探しは出来ないと思っています。

そうしてひとつ、ひとつをじっくりと比較、検討いただき、自分たちにあった条件とは何なのかを明確にしていくことで理想のマイホームがより具体化できていきます。当初のご希望条件と全く異なる条件で購入された方は多くおられます。

何も急いで購入する必要はありません。大切なのは見学するごとに、ステップアップして一歩、一歩マイホーム購入に近づいているといった「探し方」が出来ているかどうかだということになります。

よくあるケースですが、次々と物件を見て回っている方がおられます。見ていけばいずれ良い物件が見つかるというこであれば良いのですが非常に非効率的な探し方と言えます。

下手な鉄砲数打ちゃ・・・ではないのです。

なぜなら、次々と見ることが出来るほど、自分たちにあった物件がたくさんあるというケースは 予算≧条件 という方だけです。

「探すべき家の条件がはっきりしている方」は自分たちの希望に見合った物件というのは意外と少ないもんだなということに気付いておられます。次々と物件を見ることが出来ている方は上記のようなケースで無い限り、自分に合った家というものがまだまだ不明確ではないでしょうか。

もうひとつデメリットもあります。

「いろいろ見てまわるということ」=「見すぎることで良い物件が印象に残ってしまい徐々に厳しい条件になってしまう」ということになり兼ねません。

条件が明確になっている方でも、その時にその条件の物件が出ていなければすぐに家が見つかるといったわけではありませんので、やはりマイホーム探しはある程度の「時間」と「エネルギー」が求められます。

極論ですが、半年以上探されていて良い物件がひとつもないといった方も実際におられますが、条件のどこかにムリがあるといったケースがほとんどです。

何よりもお家探しの第一歩は自分の探している家の条件やなんとなくの感じをより認識・共感してもらえる営業マンを見つけることです。

船に例えていうなら目的地がマイホームで舵取りを営業マン、船長はお客様、といった感じかもしれませんね。

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ