不動産の名義変更をサポートいたします

お気軽にご相談ください06-6337-8600
お気軽にご相談ください06-6337-8600

どっちがお得?仲介手数料と個人売買サポート費用・名義変更のサポート費用

皆さんは一生のうち、自宅をはじめとして不動産の売買を何度、経験されると思われますか?

投資用の不動産を購入されている方は複数回、不動産取引を経験されている方もおられるのかもしれませんが、不動産取引はマイホームを購入したくらいかなという方が多いと思われます。

住み替えを一度、行ったとしても①初めてのマイホーム購入 ②自宅の売却 ③住み替え先の新居の購入 と2度の購入と1度の売却といった程度ですから、不動産といった身近なものでありながらも、取引経験はほとんど無いと言うのが一般的です。

さて、その不動産の取引ですが、そもそも不動産は個人間で売買を行うということ自体は特に問題の無いことです。しかしながら、取引価格の決定、取引条件の決定、手続きそのものなど、実際に行うことになるとすると現実的には難しい(というより)、経験が無いだけに何をどのように決め、手続きを行っていくのか、何をすれば良いのか?といった基本的な部分で躓いてしまうと思います。

また、個人間で行う場合、一番の障壁となるかもしれないことは「銀行が融資をしてくれない」ということかもしれません。

金融機関からは「不動産会社に仲介してもらってください。その上で売買契約書と重要事項説明書の提出をお願いします」ということを言われます。

ローン利用の前提条件が不動産会社を間に入れてくださいということになっています。

弊社にもご相談を頂く際、「友人との間で不動産の取引をしようとしており、銀行に相談に行ったら、不動産会社を通して、売買契約書と重要事項説明書を提出してください」と言われましたというケースは珍しくありません。

個人的には銀行も融資ぐらいしてあげれば良いのにとは思いますが、確かに銀行の立場からすれば、次のようなことが言えると思います。

金額面等での折り合いがついていたとしても・・・

①不動産そのものの調査が正確に必要な内容にて行われていない

②取引内容、条件が合理的かつ状況に応じて明確に定められていない可能性がある

③責任の所在が当事者のみ(表現は悪いのですが素人)となってしまう

以上から、銀行としては融資が仕事であり、また、不動産取引に対して銀行が責任を負えるわけではなく(負う必要もなく)、そうした個人間の不動産取引に対して融資をするということは担保とする不動産そのものへの信頼性の欠落、取引そのものが担保されていないということが不動産の個人売買に対しての融資がNGの大きな理由です。

そのため、銀行からは不動産会社が仲介をすることで、不動産取引における責任の所在を明らかとし(不動産会社とすること)で取引そのものへのリスクを回避しているとも言えます。

ここまで長くなってしまいましたが、タイトルの仲介手数料についてのお話となります。基本的にローンを利用する場合、上記のとおり不動産会社による仲介が必要となります。

この場合、不動産会社への仲介手数料が発生します。誰にいくら発生するのか?ということについては以下の通りとなります。

売主と買主それぞれ売買価格×3%+6万円+消費税が必要となります。※売買価格が400万円以上の場合

仮に売買価格が2,000万円だった場合はいくらになるのでしょうか?

2,000万円×3%+6万円+消費税(10%)=726,000円が売主と買主の各自に支払いが発生します。

高いですか?それとも(無いとは思われますが)低いと思われますか?

一方、弊社の個人売買サポート(離婚時の元夫婦間や親族間の家とローンの名義変更を目的とした売買、第三者間(他人同士)の不動産売買)におけるサポート費用は売買価格によって変わることの無い定額制(低額制)、仲介手数料のように売主と買主双方からではなく、ひとつの取引におけるサポート費用(負担額の内訳は相談者が各時にて決定可能)としています。

①離婚時の元夫婦間・親族間の取引・名義変更を目的としたサポートは50万円+消費税

②第三者間(他人同士)の取引は30万円+消費税 とさせて頂いております。

②はともかく、①はローン審査にて承認を得て頂くことの難しさ等もありつつも基本的に仲介手数料よりも大幅にコストカットして頂ける費用の負担額にて提供をさせて頂いていると思っています。

上記の費用はひとつの取引における費用の額となりますので、売主様と買主様にて半分づつご負担を頂くとさらに仲介手数料よりも大きくコストカットを頂けます。

①も当然、費用を抑えたいということはあると思われますが、名義変更をしなければならないご事情等があります。問題の解決のために、弊社の融資をはじめとした問題解決力への期待ということでご依頼を頂くことがほとんどと言えます。

一方で②をご利用頂く方は基本的に仲介手数料を抑えたいという目的が第一であることが多く、不動産の売却、購入において手数料の額を大幅にコストカットしたいという方には最適かと思われます。

手数料(サポート費用)が安いことから、初めは詐欺かと思いました(笑)という方もおられたくらいですが、仲介手数料というものは低い費用だから悪いサービス、高い費用だから良いサービスを受けて頂けるということはありません。

不動産会社にとっては仲介手数料は売買価格により決まるため、高額な取引であればある程、手数料が大きいため良いわけです。取引の価格が異なっても、不動産会社が提供する、お客様が受けて頂く必要な手続きやサービス内容は残念ながら同じものなのです。

 

秘密厳守!無料でお気軽相談♪

 

離婚時の元夫婦間の家の名義変更・ローンの債務者の変更でお悩みの方はこちら♪

 

不動産の個人売買・直接売買でお悩みの方はこちら♪

 

不動産の名義変更の専門店♪離婚時のご夫婦間、親子間、兄弟間、親族間、賃貸人と賃借人間、隣人同士と不動産を直接売買する場合には定額&低額で仲介業務と同じサービスの個人間売買サポートがお得です♪

 

吹田不動産販売(株)のホームページ♪

仲介手数料最大50%OFF♪お探しのマイホームのご希望条件のご登録はこちら♪

売却時も手数料がお得!「売却のススメ」はこちら♪

相談無料・全国対応 離婚に伴う不動産のご相談・ご依頼はこちら
  • WEBでのお問い合わせ

    WEBからのご相談も可能です。
    内容を確認後、サポートセンターより
    ご連絡いたします。

    お問い合わせフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    9:00〜19:00(定休日 水曜日)

    お問い合わせフォームへ